ぎっくり背中

 

豊田市の夏目接骨院です。

 

ぎっくり腰や腰痛についていろいろ相談を受けますが、腰の上、すなわち背中の痛みも腰痛に似た症状が出ます。

 

ぎっくり腰や腰痛はいわゆる「腰」、腰に手を当てて骨盤の骨の部分や尾てい骨の上など。「臀部」、お尻の上のほうの側面の部分が中心の痛みです。「腰」と一言に言ってもある程度広い範囲がイメージされますし人によって表現は様々です。

 

 

解剖学的には腰の骨である腰椎は5つあります。一番上の腰椎はかなり上にあるので一般の方がイメージするより腰は範囲が広いのです。

 

一番と二番の腰椎あたりが痛くて背中が痛いと表現される方もいますがこれも解剖学的には腰痛と呼んでいいでしょう。

 腰と背中の境界の表現は人によって様々のようです。

 

 

「ぎっくり背中」と呼ばれるものは正確には、腰椎ではなく胸椎(肋骨が接続する背骨)に発生した急な痛みですが背骨の痛みであるぎっくり腰と対処法はあまり変わりません。

 

しかしぎっくり背中でもまずはレッドフラッグの確認が重要です。レッドフラッグがなければ適切な処置でちゃんと良くなります。

レッドフラッグについては以前書いたこちらの記事を参考にして下さい。

 

「最近増えているぎっくり背中」と一部でクローズアップされていますがネーミングされ始めただけで以前からあったものと考えています。

 

 

この写真は「腰」をおさえていますね。おそらくもう少し上が痛かったら「背中の痛み」「ぎっくり背中」と表現されると思います。

 

「ぎっくり腰」でも「ぎっくり背中」でもレッドフラッグがなければ活動性の維持が早期回復の近道です。

 

腰や背中の痛みは安静よりも安心が重要です。適切なアプローチをしていれば、重大な疾患でない限りは良い成績が出ます。

 

レッドフラッグでないことが自分で確認できなかったり心配な場合は遠慮なくご相談下さい。